住宅ローンがある方の債務整理

住宅ローンがある方の債務整理

住宅ローンがある方の債務整理

住宅ローンの返済をしながらも、複数のローンを抱えてしまい、そのうえ、昨今の不況による収入減少やボーナスカットなどで返済が困難になってしまう方が少なくありません。
特に住宅ローンの返済の一部をボーナス併用払いにしている場合には、ボーナスカットは大きな打撃になります。
その分のしわ寄せが毎月の生活費に影響を与えます。
マイホームを失うわけにはいかないと、他の支払いや支出に優先させて住宅ローンを払うと、場合によっては他のローンの返済が滞るという状況が起こるのです。
収入を増やす術を考える、奥さんにも働いてもらう、光熱費や通信費、食費などをできる限り節約するなど手段を尽くしても、支払いに無理がある場合、債務整理をすることで返済負担が軽減し、生活の立て直しが可能です。
もっとも、債務整理の究極手段である自己破産では、マイホームは競売にかけられてしまうため手放さざるを得ません。
せっかく手に入れた生活の本拠は維持したい希望があるなら、任意整理または個人再生の方法が向いています。
任意整理の場合は、ご自身で債務を軽減したいローンを選んで、各債権者と減額交渉ができます。
そのため、住宅ローンは除外してそれ以外の債務のみを減額してもらうことができるのです。
もっとも、任意整理は債権者が合意してくれないと解決しません。
債権者が合意を拒む場合には、裁判所を通じて個人再生を行うのがいいかもしれません。
個人再生では住宅ローン債権除外の特別条項を付保することで、住宅ローンの返済はそのまま続けてマイホームを維持し、それ以外の債務だけ減額が可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ