マイホームを守って債務整理

マイホームを守って債務整理

マイホームを守って債務整理

 

 

住宅ローンが最初のキッカケ


私は親から借金だけはするな、と口を酸っぱく言われて育ったせいか、30歳を過ぎるまで、一度もお金を借りた経験がありません。
ですが、結婚してマイホームを購入する際に初めて住宅ローンを組みました。
住宅ローンは一般の借金とは別格といいますか、これを利用せず家を買える人はいないと考え、気軽な気持ちで借りました。
親もさすがに文句はつけませんでしたし、他に借り入れがなかったせいか、スムーズに3000万円ものローンを借りることができました。

積み重なったローン


マイホームを手に入れると、家具や家電製品、インテリアなど、どれもこれも家に合わせて新調したくなりました。
せっかくだから良いモノをと、海外ブランドの何十万円とする応接セットやベッドを購入したり、カーテンやクッションも高級品を揃えたのです。
マイホーム購入の頭金や諸費用で貯金は全て使ったので、これらは全てローンで買いました。
金額の大きな住宅ローンを利用して、ストッパーが外れたように、借入れを重ねるのが平気になってしまったのです。

返済ができない事態に


これまでローンを借りたことがなかったせいか、借入れをすることだけ考え、返済について何の計画もしていませんでした。
実は月に手取りで30万円の月収に対して、返済の総額が18万円にものぼっていたのです。
わずか12万円で妻と子供2人の生活を養えるわけもなく、家計は破たんしました。
買ったばかりの家を手放すほかないと悔やみつつ、ネットで偶然見かけた借金問題解決の法律事務所に債務整理の相談することにしたのです。

民事再生をすることに


マイホームを競売にかける覚悟で臨みましたが、専門家が提案してくれたのは、住宅ローンは支払いを続けてマイホームを残す民事再生の手続きでした。
裁判所での手続きを代理していただき、結果として、他のローンについては適用利率の引き下げや返済期間の延長により、返済負担を軽減していただくことができました。
総額12万円まで下げることができ、家計を切り詰めれば、家族が生活できるだけの収入も確保できるようになったのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ