借金を全てなかったことに

借金を全てなかったことに

借金を全てなかったことに

返済が厳しくなってくると、借金をなかったことにできないかと考える人も出てくるでしょう。
借りたものは返すのが常識であり、書面上で正式な契約もしていることなので、そう簡単になかったことにはできません。
しかし、不可能なことでもないのです。
その方法とは自己破産です。
自己破産とは債務整理の中の一種で、借金を全て免除してもらうことができる制度です。
ただし、もちろん無条件で免除してもらえるわけではありません。
自己破産では、債務を免除してもらう代わりに所有の財産を金銭に換価し、それを債権者に平等に分配・配当します。
つまり、財産は処分されてしまうということになります。
となると、債務者は借金を免除してもらう代わりに全て失わなくてはならないのかと考えてしまいますが、換価できる財産は限られています。
一般的には住宅、土地、生命保険、株券、預金通帳などが処分対象の財産になり、対して換価価値がない生活用品、家電、仕事道具、また99万円以下の現金は残しておくことが可能です。
処分対象の目安としては20万円以上の資産価値のある財産ということになっているので、例えば生命保険の解約返戻金が20万円以下なら生命保険は処分対象にはならないでしょう。

 

また、逆に言えば生活用品等でも20万円を超える価値があれば処分対象になります。
よって、自己破産をしたからと言って生活ができなくなるわけではなく、必要最低限の生活を確保した上で借金を免除できるため、人生の再スタートが切れると思った方がいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ